初めまして。始めました!

コロナ禍の世界でも、私達は、ゆっくりと進み続けています。

今まで通りには行きませんが、マスクをして、消毒して…毎日を暮らしています。

しかし、ふと、気づいてみると、〝社会的弱者〟という感覚が身近になったように思います。

ウイルス感染のリスクに晒され、満足な保障もないまま、先行きは不安でいっぱい、自由も制限されている——————

ひるがえって考えると、そういう〝痛み〟を今、日本国民全体、世界が共有している。

社会的者でなくなった分、互いに寄り添う心理的土壌がむしろ強化された——————と考えるのは、楽観的すぎるでしょうか?

不自由は人を強くします。

私は、TV番組を制作する過程で、沢山の社会的弱者…障害がある人々に取材させて頂いてきました。

そして、出逢い、圧倒されました。

不自由と共にすごし、乗り越え、やりすごし、時に社会の偏見と闘いながら生きている人達の凄みに。

障害がある人々に何かしてあげるのが健常者の役目?

健常者って誰でどこにいるのでしょう?

いえいえ、国民総弱者たる今、不自由を先んじて体験し、伴走しているそうした〝先輩方〟に学び、

次に続く、新しい社会を造っていきたい。

互いに支え合い、学びあう。

そんな社会を造る一助になりたいと私達は願っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる