札幌の中心で見つけた「おおおっ〜!」なバリアフリー

先日、札幌駅北側のヨドバシカメラに行きました。

そして、お金を下ろしに近くのセブンイレブンに行くと…そこで見つけてしまいました…

画期的なバリアフリーを!!!

それは、こちらです。

おや、なんてことないコンビニの入り口です。が、

なにやら引っ込んでいますね。

店の入り口が店舗内に引っ込んでいて、

スロープと手すりが設置されてました。

こうした路面店における一つの課題として、雨水が店舗に侵入しないよう段差を設けていて(この店舗の場合は5㎝位でしょうか)、それがいわゆるバリアになってしまうことがあります。

国土交通省 住宅局建築指導課が昨年2020年6月29日にまとめた

「小規模店舗のバリアフリー化について」という報告を見ても

簡易的な踏み台を付けたり…①

簡易スロープをつけたり…②

店舗に平行に長いスロープを設置したり…③

急な坂道のようなスロープを付けたり…④

をしていました。

それを…

店舗内に引き入れる形で、なだらかなスロープをつけていました。

この店舗は、ずっと前からあった…と記憶していますが、久しぶりに訪れたらこうなってました。

もちろん、中に引き入れる分、店舗面積が狭くなり、面積単位の売上を図る小規模店舗にとっては、難しい決断だったことも想像したりします。

ある程度体力のあるお店だからできること…かもしれないと思いつつ、

この引き入れ面積をデザインに落とし込むなどして、

さらに自然な形にすることもできるかもしれない…などと思いました。

機会があれば、セブン&iホールディングさんにも確認したいなと思ったり。

(「バリアフリーフロント」HPより転載 2021.4.17)

参考資料

*国土交通省住宅局建築指導課「小規模店舗のバリアフリー化について」2020.6.29https://www.mlit.go.jp/common/001351062.pdf

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる